YouTube

Photo: YouTube

スリップノットのヴォーカリストであるコリィ・テイラーは出演しているホラー映画『ラッカー(原題)』の最初のトレイラー映像が公開されている。

本作はラッカーというシリアルキラーになった大型トラックの運転手の物語で、コリィ・テイラーはトラック運転手の友人を演じている。

映画の概要には次のように記されている。「トラック運転手のラッカーは過去30年間にわたって連続殺人犯として旅をすることに人生を捧げてきました。彼は疑うことを知らないマギーをトラックに乗せ、彼女は彼の行動を撮影することにしました。しかし、ラッカーは自分の傑作に彼女を加えることに決めると、彼女の命は危険な方向へと向かっていきます。元妻に似た女性を殺した点を繋いだロードマップこそがその作品なのです」

トレイラー映像はこちらから。

『ラッカー』は2022年1月4日にジャイアント・ピクチャーズを通して公開される。エイミー・ヘスケスが監督を務め、夫のアーロン・ドレインがプロデューサーを務めている。両者は脚本にもクレジットされている。コリィ・テイラーは2014年公開の『フィアー・クリニック』でもアーロン・ドレインと仕事をしている。

アーロン・ドレインはコリィ・テイラーについて次のように語っている。「彼はロック・スターだよね。これはあらゆる意味で言っているんだ。彼が最もクールな人物の1人であることは分かっているし、ものすごく高いレベルで活動している人だけど、他人が自分のアートを達成するためにものすごく頑張ってくれる人なんだよ」

フー・ファイターズも来年公開のホラー映画『スタジオ666(原題)』に出演することが決定している。

プレス・リリースによれば、映画は「ロックンロールの不気味な歴史に彩られた」カリフォルニア州エンシノにある豪邸にニュー・アルバムをレコーディングするためにやってきたフー・ファイターズが彼らの生命とアルバムの完成を脅かす超常現象に襲われるものになるという。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ