GETTY

Photo: GETTY

リンプ・ビズキットのフロントマンであるフレッド・ダーストが5年間にわたってウクライナに入国禁止となっていることが同国の報道で明らかになっている。

ウクライナのオンライン・メディア「Apostrof」は「国家の安全を保証するために」フレッド・ダーストは入国が禁じられたと報じている。米『ビルボード』誌もインターファクス・セキュリティ・サービスがフレッド・ダーストの入国禁止を認めたと報じているが、コメントは得られていない。

フレッド・ダーストは今年ロシアのリアリティTV番組を作るためにクリミア半島に移住したい旨を表明していた。また、彼はロシアのパスポートを保持したいとも語っている。フレッド・ダーストの妻は同地域の出身で、同地域は2014年にウクライナから併合されて、ロシア領となっている。

フレッド・ダーストは10月にロシア国営のニュース通信社「スプートニク・インターナショナル」に対して次のように語っている。「ロシアのパスポートを手にすることになっても問題ないよ。発行を手助けしてくれる適切な当局とコミュニケーションがとれればね」

フレッド・ダーストは妻のクセーニャからロシア語を教えてもらっていることも明かしている。

フレッド・ダーストの表明に先んじて、クリミア当局は西欧のセレブリティに対して、同地域に邸宅を取得することを奨励している。クリミアの総理大臣であるセルゲイ・アクショノフは同地域を「新たなビヴァリー・ヒルズ」にしたいというヴィジョンを語っている。

一方、今年のレディング・フェスティバルでフレッド・ダーストはリンプ・ビズキットが「アクセルとスラッシュが一緒にやることについて」責任があるとしており、ガンズ・アンド・ローゼズの二人とミーティングを持ったと彼は語り、「とてもいい感じだった」と主張している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ