GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランジャスティン・ビーバーに渡していなかったら“Love Yourself”はあそこまで「大きな」ヒットになっていなかっただろうと語っている。

エド・シーランはジャスティン・ビーバーの通算4作目となるアルバム『パーパス』に提供した“Love Yourself”でベニー・ブランコとジャスティン・ビーバーと共作している。

他のアーティストに書いた曲についてジャック・アントノフと語った対談の中でエド・シーランは次のように説明している。「ライヴで自分が他の人に書いた曲を演奏する時に揺るぎない存在だと思うのがジャスティン・ビーバーの“Love Yourself”なんだ。あれは自分にとって大きかったんだよね」

「大きなヒットになったからね。世界中どこでもギターを手に取ってあの曲を弾くと、『嘘、あなたが書いたの?』と言われるんだよ」

彼は次のように続けている。「よく『なんで自分に取っておかなかったの?』と言われるんだけどさ。正直、彼はあの時絶好調だったから、自分が歌ったら、あそこまでの大きなヒットにならなかったと思う」

「彼は人生でもある時期を迎えていたからね。僕の言っていること分かるだろ。アメリカはそのカムバックのストーリーを気に入っていたからね」

“Love Yourself”はオフィシャル・チャート・カンパニーによれば全英シングル・チャートで6週1位を獲得している。全米シングル・チャートではトップ10に24週連続でランクインしている。

エド・シーランは2017年発表の『÷(ディバイド)』のために元々“Love Yourself”を書いたと以前に語っている。「完成しなかっただろうね。ジャスティンがあの曲を見つけて、自分のやり方で仕上げて、シングルとしてリリースしたんだ。そうやって完成したんだ」

エド・シーランはエルトン・ジョンとのコラボレーションとなるクリスマス・シングル“Merry Christmas”をリリースしている。イギリスでの収益はすべてエド・シーラン・サフォーク・ファウンデーションに寄付される。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ