Matthew Salacuse

Photo: Matthew Salacuse

スネイル・メイルはアメリカのラジオ局で披露した3曲のパフォーマンス映像が公開されている。

スネイル・メイルはミネソタ州ノースフィールドのラジオ局「KCMP」のために先月リリースしたセカンド・アルバム『ヴァレンタイン』から“Valentine”、“Glory”を、デビュー・アルバム『ラッシュ』から“Pristine”を披露している。

パフォーマンス映像はこちらから。

新作『ヴァレンタイン』は現在22歳のリンジー・ジョーダンが作詞・作曲し、ブラッド・クック(ボン・イヴェール、ワクサハッチー)との共同プロデュースにより、2019年から2020年にかけて制作された作品となっている。

新作についてスネイル・メイルは次のように語っている。「このアルバムでは、皆に聴いてもらう前に、できるだけ多くの時間をかけて、細部まで自分が満足できるものにしたかった。このプロセスは私がこれまで経験した中で最も深いレベルのカタルシスとセラピーと呼ぶことすら、すごく控えめな表現になる。『ヴァレンタイン』は私の子供のみたいなものだから!」

新作『ヴァレンタイン』のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ