YouTube

Photo: YouTube

フー・ファイターズのデイヴ・グロールは「ハヌカー・セッション」でキッスの“Rock and Roll All Nite”をカヴァーした映像が公開されている。

デイヴ・グロール自身はユダヤ人ではないものの、ユダヤ人のグレッグ・カースティンと毎年ハヌカーにセッションを行っている。デイヴ・グロールはハヌカーの8日間、ユダヤ人アーティストの楽曲をカヴァーしている。

パフォーマンス映像はこちらから。

デイヴ・グロールとグレッグ・カースティンは6日目にビリー・ジョエルの“Big Shot”を、7日目にザ・クラッシュの“Train In Vain”をカヴァーしている。

昨年のハヌカー・セッションでデイヴ・グロールはドレイクの“Hotline Bling”、ビースティ・ボーイズの“Sabotage”、ピーチズの“Fuck The Pain Away”などをカヴァーしていた。

昨年のハヌカー・セッションをデイヴ・グロールはヴェルヴェット・アンダーグラウンドの“Rock And Roll”のカヴァーで締めくくっており、次のように述べている。「2020年が終わろうとする中で今回もハヌカーが終わった(自分にとっては初のハヌカーだった)。私は今年1年を乗り切らせてくれた2つのもの、音楽と希望を思い出しました」

「バカげたアイディアから始まったこのプロジェクトですが、私にとってももっと重要なものを体現するものとなりました。喜びや幸福を広げるという単純な振る舞いがうまくいくことを示してくれました。メノーラーを灯すためのキャンドルがいくつ残っていようと、私たちは前を向いて、そうする努力をしなければなりません」

先日、フー・ファイターズは最新作より“Love Dies Young”のミュージック・ビデオが公開されている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ