Hollie Fernando

Photo: Hollie Fernando

ウェット・レッグはデビュー・アルバムをリリースすることを発表して、“Too Late Now”と“Oh No”という2曲の新曲が公開されている。

ワイト島出身のウェット・レッグによるセルフ・タイトルのデビュー・アルバムは2022年4月8日にドミノよりリリースされる。

アルバムはクリアのアナログ盤、スタンダードのアナログ盤、カセットテープ、CD、デジタルでリリースされ、マーチャンダイズがバンドルされたバージョンも発売される。

「夢遊病のまま大人になることについての曲ね」とリアン・ティーズデイルは“Too Late Now”について語っている。「大人になってからの人生がこんなものになるとは想像もしていなかった。たぶんこの曲は、日々のプレッシャーや労苦を反映しているのかもしれない」

「私はときおりひどく考えすぎて、あらゆることに打ちのめされてしまうことがあるから。生きていると最悪な気分になることだってある、ってことを受け入れる曲なんだと思う。そんな気持ちにとことん付き合っちゃダメってことかもしれない。自分のためにちゃんと時間をとって、深呼吸して、お風呂に浸かること。そうすれば少しはマシな気分になれるから」

“Too Late Now”と“Oh No”の音源はこちらから。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

1. Being In Love
2. Chaise Longue
3. Angelica
4. I Dont Wanna Go Out
5. Wet Dream
6. Convincing
7. Loving You
8. Ur Mum
9. Oh No
10. Piece Of Shit+
11. Supermarket
12. Too Late Now

ウェット・レッグはインディペンデント・ヴェニュー・ウィークにUKツアーを行うことが決定しており、1月28日のマンチェスター公演からスタートし、2月3日のブリストル公演で締めくくられる。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ