GETTY

Photo: GETTY

ペール・ウェーヴスはロンドンのザ・プールで“Fall To Pieces”のライヴ映像が公開されている。

“Fall To Pieces”は今年2月にリリースされたセカンド・アルバム『フー・アム・アイ?』に収録されている。

リード・シンガーのヘザー・バロン・グレイシーはこの曲について次のように語っている。「恋愛関係においては同じパターンに陥りやすい。それで同じ議論に入り込むことになる。“Fall To Pieces”は同じ議論になるコンスタントなサイクルについての曲なの。それって時に打ち砕くのが難しいこともあるから」

パフォーマンス映像はこちらから。

先日、ペール・ウェーヴスはネットフリックスの『セックス・エデュケーション』に影響を受けた楽曲を書いたと語っている。

フロントマンのヘザー・バロン・グレイシーは『セックス・エデュケーション』のオーティス・ミルバーンとメイブ・ワイリーの場面写真を投稿して次のように述べている。「2人の恋愛に関する曲を書いたんだけど、3枚目のアルバムに入ることになると思う」

今年7月、ペール・ウェーヴスとオール・タイム・ロウはコラボレーションによる楽曲“PMA”の音源が公開されている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ