Ethan A. Russell / Apple Corps Ltd.

Photo: Ethan A. Russell / Apple Corps Ltd.

ザ・ビートルズはドキュメンタリー映像作品『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』より特別映像が公開されている。

『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』は未発表の修復した映像によって作られたもので、1969年1月のレコーディング・セッションを再訪するものとなっている。本作では14曲の新曲をレコーディングして、2年以上ぶりとなるライヴの準備を進めるザ・ビートルズの人間関係と創作過程を記録している。

『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』は57時間の未発表映像と150時間のほぼ未発表の音源を使用したものとなっており、その大半が50年以上の時を経て保管庫から公開されたものとなる。

公開された特別映像はこちらから。

本作ではザ・ビートルズによる最後のライヴ・パフォーマンスも全編が収録される。このルーフトップ・コンサートはロンドンのサヴィル・ロウで行われたものとなっている。

「いろんな意味においてマイケル・リンゼイ・ホッグによる卓越した映像は様々な筋書きを捉えています」と監督のピーター・ジャクソンは語っている。

「友人の物語であり、個々人の物語です。それは人間の弱さの物語であり、神聖な人の繋がりの物語でもあります。プレッシャーの中で名曲を作ったり、1969年初頭の社会情勢の雰囲気であったり、創造的なプロセスを詳しく見せてくれます。しかし、それはノスタルジーではありません。生々しく、赤裸々で、人間らしいのです。6時間以上に及ぶ映像では考えられなかった近さでザ・ビートルズを知ることになるでしょう」

彼は次のように続けている。「ザ・ビートルズ、アップル、ディズニーには語られるべき在り方でこの物語を提示させてくれたことに感謝しています。私は3年近くこのプロジェクトに没頭してきましたが、世界中の人々にこれを見てもらうことに興奮しています」

『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』はディズニープラスで11月25日、11月26日、11月27日に配信される。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ