GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズのマネージャーを務めたブライアン・エプスタインの伝記映画『ミダス・マン(原題)』にエド・サリヴァン役でジェイ・レノが出演することが決定している。

『デッドライン』によれば、『ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノ』の司会として知られるジェイ・レノがエド・サリヴァン役を務めるという。

ザ・ビートルズは1964年2月に3度『エド・サリヴァン・ショウ』に出演しており、その後数年にわたって何度か番組に出演している。最初の出演時は7300万人が視聴したと言われている。

伝記映画『ミダス・マン』については先日、監督のヨナス・アカーランドが撮影を「中断」したとのことで「戻ってこない」ことが報じられている。

「『ミダス・マン』の監督のヨナス・アカーランドは撮影から離れることになりました」とプロダクションは述べている。

「いくつかのことが明らかになるまでは、この声明以上のコメントはできません。その間も『ミダス・マン』のロンドンでの撮影はクリスマス休暇まで11月の間は続けられます。撮影はロサンゼルスで1月初頭に再開されます」

その後、ドラマ『ヴァイナル』を手掛けたサラ・シュガーマンがヨナス・アカーランドを引き継ぐことが発表されている。

本作についてはドラマ『クイーンズ・ギャンビット』でタウンズ役を演じていたジェイコブ・フォーチューン=ロイドがブライアン・エプスタインを演じている。『ミダス・マン』はリヴァプールのレコード店の店主だったブライアン・エプスタインが史上最大のバンドと契約する物語となっている。

ブライアン・エプスタインは他にもシラ・ブラック、ビリー・J・クレイマー、ジェリー&ザ・ペースメイカーズといったアーティストを発掘しており、ジミ・ヘンドリックスのプロモーションでも一役買っていた。

『ミダス・マン』の公開日は現時点で決定していない。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ