PRESS

Photo: PRESS

第64回グラミー賞授賞式はWOWOWにて日本時間2022年2月1日に独占生中継で放送されることが決定している。

今回のノミネーションは現地時間11月23日に発表される予定となっている。

今年5月、グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーは来年のグラミー賞についてルールの変更を発表している。

今年4月にレコーディング・アカデミーはノミネーション・レヴュー委員会を廃止することを発表していた。ノミネーション・レヴュー委員会については近年多くの議論を呼ぶこととなっていた。

今回のグラミー賞のルール変更は今年テイラー・スウィフトの『フォークロア』が受賞したアルバム・オブ・ザ・イヤー賞に関するものとなっている。

2022年からはアルバム・オブ・ザ・イヤー賞にノミネートされたアルバムに参加しているプロデューサー、ソングライター、エンジニア、アーティストはたとえ1曲にしか参加していなくてもノミネートされた資格が与えられることになる。これまではアルバムの総再生時間の33%以上に参加していることが条件となっていた。

アルバムのノミネート資格も変更されており、総再生時間の75%以上が新たにレコーディングされた音源であれば、ノミネートが可能となる。

他の変更点としてはレコーディング・アカデミーのメンバーとそのパブリシストは自身の音源を除いてロビー活動を行うことを禁止したほか、最優秀ダンス・レコーディング賞は最優秀ダンス/エレクトロニック・レコーディング賞に名前が変更されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ