2021 MPL Communications, Inc.

Photo: 2021 MPL Communications, Inc.

ポール・マッカートニーはドキュメンタリー作品『マッカートニー 3,2,1』が日本のディズニープラスで12月22日より配信されることが決定している。

本作『マッカートニー 3,2,1』はリック・ルービンを迎え、楽曲にまつわる制作秘話を一対一のインタビューで語る6話構成のドキュメンタリー・シリーズとなっている。

「この6話のシリーズはユニークかつ画期的な方法で音楽とその創造性を掘り下げるもので、ポールとリック・ルービンを前に最前列で、私たちの人生のサウンドトラックとなった名曲に関するソングライティングや受けた影響、個人的な出来事について語るものとなっています」と番組の説明には記されている。

日本語字幕付きトレイラー映像はこちらから。

2人は予告編映像の中で“Come Together”、“All My Loving”、“With a Little Help From My Friends”、“In My Life”といったザ・ビートルズの楽曲について語っている。

番組の概要については以下の通り。

ドキュメンタリー・シリーズ『マッカートニー 3,2,1』(全6話)
2021年12月22日(水)より ディズニープラスにて独占配信スタート
出演・製作総指揮:ポール・マッカートニー、リック・ルービン
監督:ザッカリー・ハインザーリング(『キューティー&ボクサー』)
コピーライト:©2021 MPL Communications, Inc.

ディズニープラスについては映画『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』を日本でも11月25日、11月26日、11月27日にそれぞれ2時間の長さの3部作のドキュメンタリーとして配信することが決定している。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの監督で知られるピーター・ジャクソンが手掛けた『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』はザ・ビートルズにとって最後から2番目となるアルバム『レット・イット・ビー』の制作を追ったもので、ロンドンのサヴィル・ロウで行われた最後のライヴが全編収録されたものとなっている。

『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』は1969年にマイケル・リンゼイ・ホッグが撮影した55時間の未発表映像と140時間のほぼ未発表の音源を使用したものとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ