Ryan Anderson

Photo: Ryan Anderson

スティングは『グッド・モーニング・アメリカ』で“Rushing Water”を披露したパフォーマンス映像が公開されている。

“Rushing Water”は11月19日にリリースされる5年ぶりのオリジナル・ニュー・アルバム『ザ・ブリッジ』に収録される。本作はスティングにとってオリジナル・アルバムとしては2016年発表の『ニューヨーク9番街57丁目』以来となる。

パフォーマンス映像はこちらから。

新作についてスティングは次のように語っている。「これらの曲は、ある場所と別の場所、ある精神状態と別の精神状態、生と死、人と人の関係、そういったすべての“間”にあるものだ。このパンデミックと時代の間に挟まれ、政治的にも社会的にも心理的にも、僕らは、何かの真ん中で立ち往生している。架け橋が必要なんだ」

アルバムにはドミニク・ミラー(ギター)、ジョシュ・フリース(ドラム)、ブランフォード・マルサリス(サックス)、マヌ・カチェ(ドラム)、マーティン・キーゼンバウム(キーボード)、フレッド・ルノーディン(シンセサイザー)、バック・ヴォーカリストのメリッサ・ムジーク、ジーン・ノーブル、ジョー・ローリー、ライラ・ビアリが参加している。プロデュースはスティングとマーティン・キーゼンバウムが手掛けており、1曲のみスティング、マヤ・ジェーン・コールズ、マーティン・キーゼンバウムのプロデュースとなっている。

『ザ・ブリッジ』は、スタンダードCD、デラックスCD、LP、カセット、デジタル配信の各形態でリリースされる。デラックスCD・LPにはボーナス・トラックが3曲収録される。日本盤CDにはボーナス・トラックがさらに1曲収録される。日本盤はCD通常盤とDVD付デラックス盤の2形態がリリースされる。

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ