GETTY

Photo: GETTY

ジューダス・プリーストのリッチー・フォークナーは心臓の手術から7週間を経て最新の状況を公開している。

リッチー・フォークナーはルイヴィルで行われたラウダー・ザン・ライフ・フェスティバルの最終日に“Painkiller”の演奏中に「大動脈瘤や大動脈解離」を患っている。

41歳のリッチー・フォークナーはすぐに病院に搬送されて10時間に及ぶ手術を行い、「胸の5ヶ所を機会の部品に交換した」という。

今回、リッチー・フォークナーはジューダス・プリーストの公式インスタグラムで自身の容態について最新の状況を公開している。

「ファンのみなさん、こんにちは。投稿したいと思っていたんだ。僕の容態について多くの人が問い合わせてくれたからね」とリッチー・フォークナーは述べている。「手術の10日後に自宅で治療を続けるために戻ることができたんだ。あれが起きた夜から7週間が経ったけど、強くポジティヴな気分だよ」

「切ったところはちゃんと治って、間違いなくトンネルの先の光が見えているよ。ちゃんと歩けるし、自由に動けるんだ。活動的だし、心臓の治療もすぐに始めるよ」

彼は次のように続けている。「毎日ギターを弾いているし、家族の応援とみんなからの応援、ギターから得るインスピレーションがあるから、即座にステージに戻る予定だよ。僕の外科医は僕の回復を喜んで、次のジューダス・プリーストのライヴの最前列を予約してくれたんだ」

「今月はサンクスギビングだし、お祝いをするにせよしないにせよ、多くの感謝を送るよ。我慢してくれた人たち、応援してくれた人たちにね。多くの愛を。すぐに会いましょう」

先日、ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードは先月リッチー・フォークナーがステージ上で大動脈瘤になったことについて「いまだに動揺している」と語っている。

インターネットではその瞬間の映像も上がっているが、ロブ・ハルフォードはいまだに観ることができないと語っている。

「まだ観られていないんだ」とロブ・ハルフォードは語っている。「感情的な面でいまだに動揺しているからね。最終的には観てみようと思うんだろうけどさ。リッチー・フォークナーも映像について彼の言葉で死にかけている人間を観たと言っていたからね。基本的にはそういうことだよね」

彼は次のように続けている。「すごいのはあの曲をやり遂げたことだよね。楽屋に戻ってきて、彼の様子が変わったんだ。救急隊員が病院に行って、ちゃんと検査をしてもらわないとと言った後も『俺は戻るよ。何日か家に戻った後、デンヴァーで会おう』と言っていたんだ。そうやって出ていったんだけど、1時間も経たないうちに彼は10時間以上の手術を受けたんだ。信じられないよ」

先日、ロブ・ハルフォードは前立腺ガンを患ったことについても語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ