PRESS

Photo: PRESS

ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークによるシルク・ソニックはアップル・ミュージックで全4エピソードのラジオ番組『アン・イヴニング・ウィズ・シルク・ソニック』が日本時間11月18日正午12時より配信されることが決定している。

番組ではシルク・ソニックの2人が影響を受けたオールドスクールのR&B、ヒップホップ、ファンク、ディスコのお気に入りの曲を紹介するとのことで、プライズゲストを迎えたり、ここでしか聞けない逸話も披露するという。

初回エピソードはブルーノ・マーズとアンダーソン・パークがブーツィ・コリンズの手を借りながら、ジャクソン 5、コン・ファンク・シャン、Thundercat、アイズレー・ブラザーズ、パーティーネクストドアなどの曲をかけるものになる。

「アップル・ミュージックが僕らにラジオ番組のDJをやって、アルバムについて語ってくれと頼んできたんだ。僕らは音楽からは引退してフルタイムのラジオDJになると決意した。すごく楽しかったね」とブルーノ・マーズは語っている。「僕らに新しい職を提供してくれたApple Musicに感謝するよ。さようなら、残酷な音楽の世界。こんにちは、ラジオ。DJとしてビッグになったらまた会おうぜ」

「シルク・ソニックは雲が開けて星々が合体する時に起こるレアなコラボレーションなんだ」とアンダーソン・パークは続けている。「本当にこんなのなかなかないけど、別にこれに関しては遅くなるってことはないから。遅いというか、むしろピッタリなタイミングだったよな」

シルク・ソニックは11月12日にデビュー・アルバム『アン・イヴニング・ウィズ・シルク・ソニック』をリリースしている。

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ