PRESS

Photo: PRESS

ザ・キッド・ラロイは3曲のスタジオ・ライヴ映像が公開されている。

ザ・キッド・ラロイが7月にリリースしたジャスティン・ビーバーとのコラボレーション曲である“Stay”は全世界で10億回の再生数を突破しており、全米シングル・チャートでは4週連続1位を獲得している。

スタジオ・ライヴ映像はこちらから。

先日、ザ・キッド・ラロイは2022年に自身初となるワールド・ツアーを行うことを発表している。

オーストラリア出身のザ・キッド・ラロイはUK&アイルランド・ツアーでロンドン、マンチェスター、グラスゴー、バーミンガム、ダブリンで公演を行うことが決定している。

「エンド・オブ・ザ・ワールド」と題されたツアーは1月29日のアリゾナ州のフェデラル・シアター公演から始まり、UK&アイルランド・ツアーは4月20日のマンチェスターのヴィクトリア・ウェアハウス公演からスタートし、6月11日のオークランドのスパーク・アリーナ公演で締めくくられる。

「みんなとこの体験を共有できることがものすごく楽しみだよ。世界を回るツアーを行うことはずっと夢だったんだ。世界各地のファンに会って、忘れられないものを届けるのが待ちきれないよ。やっと実現するんだ」と彼は語っている。

ザ・キッド・ラロイはわずか4ヶ月の在籍を経て、スクーター・ブラウンのマネージメント事務所を離れたことが明らかになっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ