PRESS

Photo: PRESS

ビヨンセはウィル・スミス主演映画『ドリームプラン』のエンディング・テーマとなる新曲“Be Alive”が公開されている。

映画『ドリームプラン』は、世界最強のテニスプレーヤーとも称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を、ゼロからテニスのワールドチャンピオンに育て上げたテニス未経験の父リチャードが独学で作り上げた「計画書=ドリームプラン」にまつわる実話を基にした作品となっている。

“Be Alive”の音源はこちらから。

映画『キング・リチャード』のトレイラーはこちらから。

今年8月、ビヨンセはここ18ヶ月ソロとしてのニュー・アルバムに取り組んでいることを明かしている。

2016年発表の『レモネード』以来となるソロ作について新型コロナウイルスのパンデミックによる混乱とトラウマから逃れる手助けになればとビヨンセは語っている。

「1年以上にわたる様々な不正や孤立を経て、みんなもう一度逃げ出して、旅をして、愛し、笑うことを求めていると思う」とビヨンセは『ハーパース・バザー』誌に語っている。「ルネッサンスが起こる気がしていて、どんな形にせよここから逃げ出す一助になればと思っているの。それで1年半にわたってスタジオに入っていたの」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ