GETTY

Photo: GETTY

トラヴィス・スコットが開催したアストロワールド・フェスティバルは22歳の学生であるバーティ・シャハニが6日後に集中治療室で亡くなったことで、その死者数は9名となっている。

バーティ・シャハニの訃報は現地時間11月11日に開催された記者会見で発表されている。

バーティ・シャハニの母親であるカリシュマ・シャハニは泣き崩れて、「私の神の賜物になんてことが起こってしまったのでしょう」と語っている。「私のベイビーに戻ってきてほしいです。彼女なしには生きられません。無理です」

母親は娘が「何も求めたことはなく」「常に与えることをしていた」と語っている。「初めて頼んできたのが『コンサートに行っていい?』というものでした。なんでダメだと言わなかったのかって? それは彼女が初めて頼んできたことだったのです」

母親は次のように続けている。「今回のイベントはコンサートではありませんでした。もう私のベイビーは戻ってこないのです」

父親のサニー・シャハニは報道陣に次のように語っている。「どうか彼女に正義が下されますように。他の人の娘にこんなことが起こってほしくありません。彼女は間違った日、間違ったタイミングに遭ってしまったのです」

テキサスA&M大学の学生だったバーティ・シャハニはフェスティバルの人の殺到で脳が酸素不足になり、複数の心臓発作が起きて、人工呼吸器で治療を受けていた。

現地時間11月5日にヒューストンのNRGパークで開催されたアストロワールド・フェスティバルではステージに観客が殺到したために事故が起こっており、怪我や呼吸困難、心肺停止などを引き起こしている。

バーティ・シャハニは姉妹のナムラタ・シャハニ、従兄弟のモーヒト・ベラーニと共にコンサートを訪れていたが、混乱の中、散り散りとなり、心肺蘇生を受けながら病院へと搬送されている。

先日、事故を受けてトラヴィス・スコットは「アストロワールドで影響を受けたすべての人々とその家族に祈りを捧げる」として「悲劇的な死亡事故への調査を続けるために全面的に」ヒューストン警察を支援すると述べている。

ドレイクもアストロワールド・フェスティバルについて声明を発表している。

「この悲惨な悲劇について理解するのに、ここ何日かを費やしていました。悲しみのようなデリケートな感情を表現するのに、こうしたプラットフォームを当てにするのは嫌ですが、今回はここを使わせてもらいます」

「命を失った人々の家族や友人、苦しんだ人々のために心を痛めています。そうしたすべての人々のために祈ることを続け、自分にできる形でお役に立てればと思っています。神がみなさんと共にありますように」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ