GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランはアデルとのコラボレーションを行わない理由について語っている。

エド・シーランは先月、通算4作目となる最新作『=(イコールズ)』をリリースしている。一方、アデルは通算4作目のアルバム『30』のリリースを11月19日に控えている。

ニューヨーク州のラジオ局「WKTU」の朝番組に出演したエド・シーランはアデルとのコラボレーションの可能性について言及している。「彼女は誰ともコラボレーションしないんだ」

「彼女の作品は本当に素晴らしいから、ひどいものにしたくないしね」

エド・シーランはかつて非常に小規模のライヴでアデルと一緒に過ごした時のことを振り返っている。

「彼女はよくジャック・ペニャーテとツアーをしていてね。僕の従兄弟はジャック・ペニャーテのドラマーとルーム・メイトでね。彼女は若い頃、ジャック・ペニャーテのオープニング・アクトを務めていてね。スツールに座ってベースを弾きながら歌っていた。僕も本当に小規模の公演で彼女のことを観たんだ」

エド・シーランは次のように続けている。「彼女はその後に成功を収めて、その3年後に僕も成功を収めたわけだけど、たまにばったり会うと、昔から知っている人がいるというのは素晴らしいことだと思うね」

「彼女のことをものすごくよく知っているわけではないけれど、僕らはどちらもイギリス人で、かなりの共通点があるんだ。彼女は素敵な人だよね」

先日、エド・シーランは「+ – = ÷ x ツアー」と表記された「ザ・マスマティックス・ツアー」を4月から行うことが決定している。ロンドンではウェンブリー・スタジアムで4公演が行われる。

エド・シーランのマネージャーであるスチュアート・キャンプは次のアルバムが既に完成していることを示唆している。「音源はあるから、また4年も待つなんてことにはならないよ。約束できるね」

スチュアート・キャンプは次のように続けている。「エドは次のアルバムがどんなものになるか既に分かっているんだ。もうトラックリストもあるんだよ。今後12ヶ月で変えていくことになるんだろうけどね」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ