Ebru Yildiz

Photo: Ebru Yildiz

ミツキは通算6作目となるアルバム『ローレル・ヘル』をリリースすることを発表して、ニュー・シングル“The Only Heartbreaker”が公開されている。

新作はデッド・オーシャンズから2022年2月4日にリリースされる。楽曲の多くは2018年より前に書かれ、パンデミックの間に長い時間をかけて仕上げが行われたという。

“Working For The Knife”に続く新曲“The Only Heartbreaker”はアップテンポな80年代風の楽曲で、ダン・ウィルソンとの共作となっている。

「人は恋愛で常に間違いを犯すけど、いわゆるバッド・ガイのせいよね」とミツキは説明している。「単純にそのことについてね。表面の下にある悲しいものを描きたかった。おそらく間違いを犯してしまう理由は努力をしているのは自分だけだからなの」

“The Only Heartbreaker”のミュージック・ビデオはこちらから。

ミツキは新作『ローレル・ヘル』の意図について次のように語っている。「勝った負けたの力関係じゃない本物の恋愛についてのラヴソングが必要だった。自分自身も他者も両方を許させてくれる曲が必要だった。私はずっと過ちを犯している。自分がロール・モデルだと体裁を繕いたいわけじゃない。でも、私は悪い人間でもない。そうしたどっちつかずのスペースを自分のために作る必要があったの」

ミツキはプロデューサーのパトリック・ハイランドと隔離期間中にアルバムをレコーディングしている。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

01. ‘Valentine, Texas’
02. ‘Working For The Knife’
03. ‘Stay Soft’
04. ‘Everyone’
05. ‘Heat Lightning’
06. ‘The Only Heartbreaker’
07. ‘Love Me More’
08. ‘There’s Nothing Left For You’
09. ‘Should’ve Been Me’
10. ‘I Guess’
11. ‘That’s Our Lamp’

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ