GETTY

Photo: GETTY

ポスト・マローンはトラヴィス・スコットに代わってデイ・アンド・ベガス・フェスティバルでヘッドライナーを務めることが決定している。

『ヴァラエティ』誌に対して情報筋は先週のアストロワールド・フェスティバルでの賛辞を受けてトラヴィス・スコットは「動揺して出演できない」と語っていた。

現地時間11月5日にヒューストンで開催されたアストロワールド・フェスティバルでは8人が亡くなって数百名の負傷者を生むことになっており、トラヴィス・スコットは「昨晩亡くなった方々に祈りを捧げたい」と述べている。

専門家はアストロワールド・フェスティバルの主催者が大量の観客への「準備ができていなかった」と述べている。

昨晩、デイ・アンド・ベガス・フェスティバルはソーシャル・メディアで最新情報を更新している。「トラヴィス・スコットはデイ・アンド・ベガスに出演しません」

「デイ・アンド・ベガスを訪れた全員の安全は常にフェスティバルの計画においてトップのプライオリティに置いてきました。私たちは週末の運営について警察や医師、公安機関と協力して取り組み続けています」

「みなさん、お互いに気をつけてください。あと数日で会えるのを楽しみにしています」

続くツイートで主催者次のように述べている。「土曜日を締めくくるのにポスト・マローンを追加できたことに興奮しています」

デイ・アンド・ベガス・フェスティバルは金曜日のヘッドライナーをケンドリック・ラマーが務め、日曜日のヘッドライナーはタイラー・ザ・クリエイターが務める。

先日、ポスト・マローンとザ・ウィークエンドはコラボレーションによる新曲“One Right Now”の音源が公開されている。

ヒューストン市はアストロワールド・フェスティバルで亡くなった14歳から27歳の8人の名前を発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ