GETTY

Photo: GETTY

ジョージ・ハリスンはジョン・レノンポール・マッカートニーと10代の頃にリハーサルをしたリヴァプールの子ども時代の家がオークションにかけられるという。

ジョージ・ハリスンは1949年、6歳の時にスピーク地区のアプトン・グリーン25番地に家族と共に引っ越している。

この家では10代の時に結成したザ・ビートルズのメンバーによるザ・クオリーメンのリハーサルが何度も行われていた。ジョージ・ハリスンはこの家でギターの弾き方を学び、ザ・ビートルズが世界規模の成功を収め始めた1962年に一家はこの家を離れている。

2014年に15万6000ポンド(約2400万円)で購入されたこの家は再びオークションに出されるとのことで、オークション主催者のポール・フェアウェザーは16万〜20万ポンドの落札額と試算している。オークションは現地時間11月30日に開催される。

「ジョージはこの家でギターの弾き方を学ぶこととなり、1960年代初頭にグループが集まっている写真は見ても素晴らしいものです」とオークション主催者は述べている。

今年、ジョージ・ハリスンは『オール・シングス・マスト・パス』の50周年を記念したボックスセットがリリースされている。本作には47トラックのデモ、セッション・アウトテイク、スタジオ・ジャム音源が収録され、そのうち42トラックは未発表音源となっている。

8月6日にリリースされた本作は息子のダーニ・ハリスンがエグゼクティヴ・プロデューサーを務め、ミキシングはザ・ローリング・ストーンズの『山羊の頭のスープ』の再発やジョン・レノンの『ギミ・サム・トゥルース』を手掛けたポール・ヒックスが担当している。

『オール・シングス・マスト・パス』についてはアルバム・ジャケットが巨大なガーデン・ノームで再現されている。

園芸家のラス・デイヴィスと協力して、ロンドンのチェルシー地区にあるデューク・オブ・ヨーク・スクウェアでアルバム・ジャケットのガーデン・ノームを再現している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ