GETTY

Photo: GETTY

リチャード・アシュクロフトはネットフリックスが“Bitter Sweet Symphony”の著作権をめぐる確執についてドラマ化したがっていると語っている。

“Bitter Sweet Symphony”はザ・ローリング・ストーンズの“The Last Time”のカヴァーをサンプリングしたことで元マネージャーのアレン・クラインとの著作権騒動に巻き込まれている。

この確執は2019年に解決されており、ザ・ヴァーヴはアレン・クラインの会社であるアブコにこれ以上ロイヤリティを支払う必要はなくなっている。『デイリー・エクスプレス』紙に対してリチャード・アシュクロフトは次のように語っている。「あの曲が自分のところに戻ってきたのは素晴らしかったね」

彼は続けてネットフリックスがその確執についてドラマを製作することを考えていると語っている。「ネットフリックスが“Bitter Sweet Symphony”について進めようとしている、まったくもってひどい脚本に目を通したんだ。あれが実現してしまった時はどれだけ現実からかけ離れているかを指摘できるね」

「本当にゴミ同然でさ。誰かがあれを作って、現実のことだと人々に思わせようとしたら本当に怖いことでさ。実現しないことを願っているよ」

リチャード・アシュクロフトは自身のヒット曲をアコースティックで再レコーディングした『アコースティック・ヒムズ Vol.1』を先月リリースしている。

先日、リチャード・アシュクロフトはエド・シーランを「叩くのを止める」べきだと語っている。「問題はその人が成功を収めている時に褒めないことでさ。エド・シーランを見てみればいい。アメリカでも、こっちでも巨大な存在になっているのに俺は興奮しているんだ。成功している人にあまりにシニカル過ぎるんだよ。彼を叩くのを止めるべきだよ。アメリカで成功を収めるのが難しいことは自分にはよく分かるからね」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ