GETTY

Photo: GETTY

808ステイトのベーシスト兼キーボーディストのアンドリュー・バーカーが亡くなったことがソーシャル・メディアで発表されている。

808ステイトは現地時間11月7日に次のようにツイートしている。「重い心境と共にアンドリュー・バーカーが亡くなったことを皆様にお伝えします。家族と友人としては今はプライバシーに御配慮いただき、彼の人柄と音楽を通してもたらした喜びを思い出していただければと思っています」

808ステイトは1988年にマーティン・プライス、グラハム・マッセイ、ジェラルド・シンプソンによって結成されている。ジェラルド・シンプソンがソロ・プロジェクトのア・ガイ・コールド・ジェラルドを行うために脱退したのを受けて、スピンマスターズとして知られるアンドリュー・バーカーとダレン・パーティングトンが1989年に加入している。ダレン・パーティングトンは2015年1月に麻薬取引で18ヶ月の懲役を受けて脱退している。

808ステイトは1988年にデビュー・アルバム『ニュービルド』をリリースしており、以降5枚のアルバムをリリースしており、ガイ・ガーヴェイ、バーナード・サムナー、ジェームス・ディーン・ブラッドフィールド、ビョークとコラボレーションを行っている。“Pacific State”、“In Yer Face”、“The Only Rhyme That Bites”といったヒット曲で知られ、最後のアルバムは2019年発表の『トランスミッション・スイート』となっている。

訃報を受けてハッピー・マンデーズのシンガーであるロウェッタは次のようにツイートしている。「ものすごく心の痛むニュースだわ。愛しているし、あなたのことを惜しむことになるでしょう」

DJで作家のデイヴ・ハスラムは次のようにツイートしている。「808ステイトのアンディ・バーカーのことを聞いて悲しいよ。彼と初めて会ったのは35年前だった。彼は喜びをもたらしてくれる人で、愉快な奴だったんだ」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ