GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイはニュー・シングル“Holy Toledo!”の音源が公開されている。

“Holy Toledo!”はコメディロマンス映画『マーク、メアリー&サム・アザー・ピープル(原題)』に提供された楽曲となっている。

「毎週の『BBCセッションズ』音源の公開を一旦止めて、今週は新曲を発表させてもらうよ。映画『マーク、メアリー&サム・アザー・ピープル』から“Holy Toledo!”がこの金曜日に出るんだ」とグリーン・デイはツイートしている。

“Holy Toledo!”は2021年にリリースされてきた“Pollyanna”、“Here Comes The Shock”に続く楽曲となっている。

“Holy Toledo!”の音源はこちらから。

先週、グリーン・デイは来たるライヴ・アルバム『BBCセッションズ』より“Basket Case”の音源が公開されている。

『BBCセッションズ』はメイダ・ヴェール・スタジオにて1994年、1996年、1998年、2001年の計4回行ったセッションの音源を収録したもので、12月10日にリリースされる。

「長年にわたってBBCセッションをやることを楽しみにしていました」とグリーン・デイのベーシストであるマイク・ダーントは語っている。「自分たちの大好きなアーティストがこれまでにやってきました。なので、これらの音源をリリースできたら特別なものになることは分かっていました」

ビリー・ジョー・アームストロングは次のように続けている。「BBCセッションズの音源はオリジナルよりもいいと思うこともあるくらいなんだ」

グリーン・デイとウィーザー、そしてフォール・アウト・ボーイの3組は現在、延期となっていたヘラ・メガ・ツアーを行っている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ