GETTY

Photo: GETTY

ザ・エックス・エックスは所属レーベルのヤングがオンライン・アーカイヴを立ち上げたことを受けて新たなドキュメンタリー映像が公開されている。

「ヤング・ゼン」と題されたオンライン・アーカイヴはザ・エックス・エックス、サンファ、ジェイミー・エックス・エックス、コアレスといった所属アーティストの未発表音源や映像などをまとめたものとなっている。

アーカイヴには2014年にわずか40人の観客を迎えて25公演をニューヨークのジ・アーマリーで行った様子を収録したドキュメンタリー映像も含まれている。

当時、このライヴについては「独自の覗き見的で、極めて個人的な」ものになるとされ、「これまでのコンサートの知覚」を拒絶するものになるとされていた。

このライヴからは“Shelter”を演奏する映像が公開されている。

「ヤング・ゼン」ではジェイミー・エックス・エックス、サンファ、マウント・キンビーらが2011年のSXSWで披露したボイラー・ルームの未公開セットも公開されている。

他にもコアレスが由緒あるBBCのマイダ・ヴェール・スタジオで4人のストリングスと共演した模様やFKAツイッグスやキャロライン・ポラチェックの貴重なパフォーマンス映像、ヤングの創設者が初期について語るインタヴューなどが公開されている。

ヤングはサンファとジェシー・ウェアによる“Valentine”をアナログ盤で再発することも発表している。

オンライン・アーカイヴはこちらから。

https://then.y-o-u-n-g.com/

一方、ジェイミー・エックス・エックスはテーム・インパラ、ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズ、クラフトワークと共に来年のロック・オン・セーヌでヘッドライナーを務めることが決定している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ