GETTY

Photo: GETTY

レッド・ツェッペリンはTikTokでアカウントを作ったことが明らかになっている。

レッド・ツェッペリンはすべての音源をTikTokで使えるようにしており、新たに作られたアカウントはバンドに関連したアートワークやグラフィック、過去のライヴ映像などを投稿していくという。

レッド・ツェッペリンによるアカウントの最初の投稿は“Immigrant Song”を使ったものとなっている。

@ledzeppelin Led Zeppelin x TikTok #ledzeppelin #rocktober #classicrock ♬ Immigrant Song (Remaster) – Led Zeppelin

ザ・ビートルズやABBAも2021年にTikTokでアカウントを開設しており、ザ・ビートルズは“Hey Jude”、“Love Me Do”、“The Long and Winding Road”、“I Want To Hold Your Hand”、“Something”、“Eleanor Rigby”、“Day Tripper”、“Paperback Writer”など、36曲の楽曲が使用できるようになっている。

先月、TikTokはアメリカとイギリスにおける平均の視聴時間がYouTubeを上回っている。

アプリのモニタリングを行っているアップ・アニーによれば、TikTokはユーザー1人あたりの視聴時間で上回ったことが明らかになっている。

YouTubeはユーザー数でTikTokを上回っていることから総合の視聴時間では依然としてトップに立っており、そのユーザー数は月間20億人と見られている。TikTokのユーザー数は7億人前後と考えられている。

先日、ジミー・ペイジはライヴ・エイドでのレッド・ツェッペリンのライヴでドラマーとしてフィル・コリンズに協力してもらったのは失敗だったと語っている。

フィル・コリンズとドラマーのトニー・トンプソンは1985年のライヴ・エイドで再結成したレッド・ツェッペリンと共演している。ライヴにはジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズのほか、セッション・ミュージシャンのポール・マルチネスが参加していた。

レッド・ツェッペリンは2007年にロンドンの02アリーナでも再結成を果たしている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ