GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランは来たる新作『=(イコールズ)』の全曲の一部音源をYouTubeショートで公開している。

エド・シーランは通算4作目のアルバム『=(イコールズ)』を10月29日にリリースすることが決定している。アルバムからはこれまでに“Bad Habits”、“Visiting Hours”、“Shivers”が公開されている。

YouTubeと協力してエド・シーランは14本の短い動画を公開しており、それぞれの動画では別々の曲の一部音源が使われている。動画はそれぞれの曲の意味合いに対する「独自の」見解を示すものとなっている。

「YouTubeショートを撮影するのは楽しい1日だったよ」とエド・シーランは説明している。「これまでも常にミュージック・ビデオを撮影するのは楽しくてさ。それぞれの曲のテーマを掘り下げる形で新しいことを模索するのは楽しかったし、アルバムの試聴もしてもらえるからね」

YouTubeミュージックのグローバル・ヘッドであるリオ・コーエンは次のように続けている。「エド・シーランは物語の語り部であり、非常にパワフルなニュー・アルバムの試聴動画を公開するのにYouTubeショートを使ってくれたことに喜んでいます。忘れられない瞬間となるでしょう」

公開された動画はこちらから。

エド・シーランのマネージャーであるスチュアート・キャンプは次のアルバムが既に完成していることを示唆している。「音源はあるから、また4年も待つなんてことにはならないよ。約束できるね」

スチュアート・キャンプは次のように続けている。「エドは次のアルバムがどんなものになるか既に分かっているんだ。もうトラックリストもあるんだよ。今後12ヶ月で変えていくことになるんだろうけどね」

エド・シーランは「+ – = ÷ x ツアー」と表記された「ザ・マスマティックス・ツアー」を4月から行うことが決定している。ロンドンではウェンブリー・スタジアムで4公演が行われる。

先日、エド・シーランは新型コロナウイルスで陽性になったため、回復するまで自宅で自己隔離することを発表しており、「なので予定されていたインタヴューやパフォーマンスの多くは自宅から行うことになるよ」と述べている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ