GETTY

Photo: GETTY

ドクター・ドレーは祖母の葬儀で妻から離婚に関する書類を手渡されたと報じられている。

疎遠になっている妻のニコル・ヤングは祖母を埋葬している時に離婚費用に関連した書類をドクター・ドレーに手渡したという。

本名をアンドレ・ヤングというドクター・ドレーと妻のニコル・ヤングの弁護士は共にこの事実を認めているが、説明については食い違っている。

ドクター・ドレーのチームは祖母の棺桶の横に立っている時に墓石のところで接近されたと述べている。しかし、ニコル・ヤングは葬儀の後に駐車場で担当者がドクター・ドレーに会ったと述べている。

ドクター・ドレーとニコル・ヤングは1996年に結婚しており、2020年6月に「妥協できない相違」を理由に離婚を申請している。

葬儀の日に手渡された書類は先月の判決によってドクター・ドレーがニコル・ヤングに支払うことになった未払いの離婚費用、155万ドル(約1億7600万円)に関連したものとなっている。ドクター・ドレーは既に32万5433ドル(約3700万円)を支払っている。

先日、ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンはロサンゼルスに新たに高校を開校させることが明らかになっている。

正式な名前が決定するまで「リージョナル・ハイ・スクール#1」と呼ばれるこの新校はオーデュボン・ミドル・スクール内に創設される予定で、最初は124名の生徒を受け入れ、今後は250名まで拡大する予定となっている。開校は2022年秋が見込まれている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ