GETTY

Photo: GETTY

マイ・ケミカル・ロマンスのフロントマンであるジェラルド・ウェイは通算3作目のアルバム『ブラック・パレード』の代表曲である“Welcome to the Black Parade”がアルバムから外されそうになっていたことを明かしている。

2006年発表の『ブラック・パレード』が15周年を迎えたことを受けてジェラルド・ウェイは“Welcome to the Black Parade”について「完成させるのが最も難しかった曲」だとして「よりよく再構築するために壊して解体する」必要があったと語っている。

「元々は“The Five of Us Are Dying”という曲だったんだ」とジェラルド・ウェイはアップル・ミュージックのトラヴィス・ミルズに語っている。「演奏してみて気に入っていたし、アルバムにはああいう曲が必要だと思ったんだ。自分のコンセプトを紹介する試金石であり、あの曲の歌詞やテーマはアルバムのテーマを体現していたからね」

ジェラルド・ウェイはバンドがあの曲を気に入っていたが、自分としては個人的に曲との繋がりを生み出すのに苦しんでおり、アルバムに入らない可能性もあったと説明している。「他の曲はどれも強いテーマとタイトルやなんかがあったんだ」

「でも、あの曲を諦めたくなかった。それで、コンセプトをミュージカルの方向に持っていき始めたら、その時に『これを『ブラック・パレード』と呼ぼう』となってアルバムにパレードを作ろうと思ったんだよ。それで曲を解体し始めたんだよ」

その頃にジェラルド・ウェイはイントロで使われているピアノのメロディーを書いたと説明している。「完全に新しいイントロと始まり方で再アプローチしたら、他の曲と合うようになったんだ」

「あの曲の話を持ち出される度に、特にA&Rのクレイグ・アンダーソンが持ち出す度に僕はそっけない態度を取っていたんだ。『あの曲は何でもないんだ。興味がないんだよ』ってね」

もちろん、“Welcome to the Black Parade”はアルバムに収録されただけでなく、アルバムからのファースト・シングルとなっており、その後バンドの代表曲になっている。

マイ・ケミカル・ロマンスは新型コロナウイルスのパンデミックによって再結成ツアーが延期されており、UKツアーは2022年5月に行われる予定となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ