GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーは2009年のオアシス解散のきっかけになった出来事について振り返っている。

オアシスは2009年にロック・オン・セーヌのステージに立つ直前にバックステージで喧嘩があり、解散している。

その場でバンドを脱退して、以降は弟のリアム・ギャラガーと疎遠な関係が続いているノエル・ギャラガーは今回『ザ・サン』紙でそのきっかけになったリアム・ギャラガーのブランド、プリティ・グリーンにまつわる出来事について語っている。

「リアムがたくさんの服をくれたんだ。俺だけじゃなくてバンドにね」と彼は語っている。

「俺はチャリティ・ショップに直行して、店の出入り口に置いてきたよ」

ノエル・ギャラガーは次のように続けている。「それで奴はイカれちまったんだ。あいつは言っていたよ。『欲しくないなら、そう言えよ。バカ』ってね」

「発売の1ヶ月前に(チャリティ・ショップの)バーナードのマネキンに飾られてしまったんだ。言うなれば、あれが終わりの始まりだったね」

先日、ノエル・ギャラガーはオアシスの曲を再録するアルバムを作りたいと語っている。

ノエル・ギャラガーは先日BBCラジオ2で自身のヴォーカルによる“Live Forever”のアコースティック・バージョンをオンエアしている。

「あの(“Live Forever”の)バージョンみたいなスタイルで再び楽曲に取り組むアルバムを作るのには興味があるんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。「オアシスには再び取り組むのにいい曲がたくさんあるからね」

“Live Forever”の再録版についてノエル・ギャラガーは次のように続けている。「オリジナル・バージョンは人生が前に開けている若者が歌う曲だったけどさ。あのコードを弾いた時、『人生を振り返る年配のコードみたいだな』と思ったんだ」

オアシスは1996年に行ったネブワース公演の2夜目から“Some Might Say”のライヴ映像が公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ