GETTY

Photo: GETTY

テイキング・バック・サンデイはウィーザーの“My Name Is Jonas”のカヴァーを公開している。

テイキング・バック・サンデイは過去に何度もライヴでこの曲をカヴァーしてきたが、今回初めてスタジオでレコーディングされたバージョンを公開している。

“My Name Is Jonas”はウィーザーによる1994年発表のデビュー・アルバムに収録されている。

“My Name Is Jonas”のカヴァーはこちらから。

フロントマンのアダム・ラザーラは“My Name Is Jonas”のカヴァーについて次のように語っている。「2019年にツアーをやっている時に何度もカヴァーしたんだ。次第にサウンドチェックが面倒になってきてね。シンシナティ公演の前日に誰かが“My Name Is Jonas”の最初のコードを弾いたんだ」

「ウィーザーを聴いて育ってきたから、一緒に演奏するのは楽しくてツアー生活の日々の単調さを打開してくれたんだよね。セットリストにも曲を追加するようになって、1日限りのオフの時にニューヨーク州のバッファローでレコーディングしたんだ。この曲は大好きだし、自分たちの解釈がふさわしいものであることを願うよ」

テイキング・バック・サンデイはアルカライン・トリオと共に来年3月にUKツアーを行うことが決定している。

一方、ウィーザーはグリーン・デイとフォール・アウト・ボーイと共にヘラ・メガ・ツアーのUK公演を来年6月に行うことが決定している。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ