GETTY

Photo: GETTY

パール・ジャムは先日ベーシストのジェフ・アメンとマネージャーのケリー・カーティスがツイッターでのQ&Aセッションに応じ、来年デビューから25周年を迎えるのを記念して、アメリカ・ツアーを行うことを明かしていたが、さらに来年のボナルー・フェスティバルのヘッドライナーを務めることが明らかになっている。

パール・ジャムがボナルー・フェスティバルに出演するのは2008年以来、8年ぶりとなっている。来年のボナルー・フェスティバルは、テネシー州マンチェスターのグレート・ステージ・パークで6月9日から12日にわたって開催される。

ラインナップの正式な発表は来年行われるが、ボナルーの公式インスタグラムでは出演者を匂わせるヒントを投稿しており、それによれば現時点でブラッド・オレンジ、ルシアス、ジェイソン・イスベルの3組が出演するものと見られている。

2008年出演時の“Better Man”のライヴ映像はこちらから。

パール・ジャムは先日まで南米ツアーを行っており、11月13日に起きたパリ同時多発テロを受けて、ジョン・レノンの“Imagine”のカヴァーを披露している。

ジョン・レノンの“Imagine”のカヴァー映像はこちらから。

パール・ジャムは今回のツアーで様々な名曲をカヴァーするのを慣わしとしており、ピンク・フロイドの“Comfortably Numb”やU2の“A Sort Of Homecoming”をカヴァーしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ