GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーとキース・リチャーズは初めてちゃんと会った時から60年を迎えている。

ミック・ジャガーとキース・リチャーズは1961年10月17日にダートフォード駅のプラットフォームで初めて会話を交わしており、2015年にはその瞬間を記念して銘所であることを示すブルー・プラークが設置されている。2人は翌年ザ・ローリング・ストーンズを結成している。

10月17日にカリフォルニア州イングルウッドのソーファイ・スタジアムでライヴを行ったザ・ローリング・ストーンズはそれから60年を迎えたことを祝っている。

ライヴ後、ザ・ローリング・ストーンズはツイッターで2人の写真が印刷されたピック型のオブジェの写真を投稿しており、そこには「10月17日 1961-2021 60年間、同じ列車で」と記されている。

先日、ザ・ローリング・ストーンズはナッシュヴィルのニッサン・スタジアムで行った公演で15年ぶりに“Connection”を披露している。

また、ミック・ジャガーはポール・マッカートニーに「ブルース・カヴァー・バンド」と言われたことについてステージで冗談を飛ばしている。

『ニューヨーカー』誌のインタヴューでポール・マッカートニーは次のように語っている。「言うべきかどうか分からないけど、彼らはブルース・カヴァー・バンドなんだ。それがストーンズの何たるかだよね。僕らのほうがもう少し広範だったんだと思うな」

現地時間10月14日にロサンゼルス公演でミック・ジャガーはポール・マッカートニーのコメントについて短く言及している。

「今夜はたくさんの有名人が来ているんだけどさ」とミック・ジャガーは公演の最中に語っている。「ミーガン・フォックスも来ていて、彼女は素敵だね。レオナルド・ディカプリオ、レディー・ガガ、カーク・ダグラス、そしてポール・マッカートニーも来ているんだ。彼は手を貸してくれるはずだよ。後でブルースのカヴァーに参加してくれるじゃないかな」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ