GETTY

Photo: GETTY

グレイトフル・デッドは1967年のヴィンテージTシャツがサザビーズでオークションにかけられ、記録的な価格で落札されている。

今回まではレッド・ツェッペリンによる1979年のネブワース公演のTシャツが2011年に10000ドルで落札されており、ロックTシャツとしては史上最高値を付けていた。

サザビーズで行われた新たなオークションでグレイトフル・デッドのTシャツが17640ドル(約200万円)で落札されて新記録となっている。

『デファンクド』によればTシャツはかつてグレイトフル・デッドのエンジニアを務めていたダン・ヒーリーのコレクションからのものとなっている。Tシャツはグレイトフル・デッドにとって最初期のオフィシャルTシャツの一つだと言われている。

Tシャツはアラン・“ガット”・タークがデザインしたものとなっている。購入者のボー・ブシェルはオークションの前にアラン・“ガット”・タークがTシャツのデザインについて語る動画をインスタグラムに投稿していた。

今年8月、デッド&カンパニーは1969年のウッドストックが開催された場所でグレイトフル・デッドのセットリストを再現するライヴを行っている。

ボブ・ウェア、ミッキー・ハート、ビル・クルーツマンが参加しているデッド&カンパニーは現在のツアーの一環で8月23日にニューヨーク州のベセル・ウッズでライヴを行っている。

ジョン・メイヤー、オテイル・バーブリッジ、ジェフ・チメンティらも参加しているデッド&カンパニーは18曲を演奏しており、そのうち5曲がウッドストックを再現したものとなっている。5曲は“St. Stephen”で始まり、マール・ハガードの“Mama Tried”のカヴァーが続き、“Dark Star”、“High Time”のほか、ボビー・”ブルー”・ブランドの“Turn On Your Love Light”のカヴァーを演奏している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ