GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは再録した『フィアレス(テイラーズ・バージョン)』が大きなフィジカルでのセールスを受けて全米アルバム・チャートでトップに返り咲いている。

『フィアレス(テイラーズ・バージョン)』はデジタルで今年4月にリリースされており、全米アルバム・チャートで初登場1位を記録していた。

『フィアレス(テイラーズ・バージョン)』は前週の157位から順位を上げて、10月16日付の全米アルバム・チャートで1位を獲得している。今週15万2000枚の合算セールスを記録しており、これは前週比1931%の伸びとなっている。

これはウェブストアで予約が受け付けられていたサイン入りCDとアナログ盤が10月1日に発売されたことを受けてのものとなっている。

15万2000枚のセールスのうち、ストリーミングによるセールスは僅か6000枚で、フィジカルのセールスが14万6000枚となっており、フィジカルは15807%の伸びとなっている。

そのうちCDの売上は77000枚で、アナログ盤の売上は67000枚となっている。カセットテープの売上は1000本で、ダウンロードでも1000枚を売り上げている。

77000枚のCD売上はこれまでの累計の売上の29%となっていて、全部で264000枚のCDがこれまでに売れている。

67000枚のアナログ盤の売上は1週間のアナログ盤の売上としては史上4位の記録となっている。1位はテイラー・スウィフトの『エヴァ―モア』で、1週間で10万2000枚のアナログ盤を売り上げている。

先日、テイラー・スウィフトはグレイシー・アウォーズの受賞スピーチでファンへの感謝を述べ、「ずっと圧倒され続けている」と語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ