GETTY

Photo: GETTY

ジェイムス・テイラーは1960年代後半にザ・ビートルズのレーベルであるアップル・レコーズのオーディションを受けた時のことを振り返っている。

ジェイムス・テイラーは新たなインタヴューで音楽的才能と共に若かったことが自分を売る自信に繋がったと考えていることを明かしている。

「他の人にはない、ある程度の能力と若者ならではの傲慢さがあったからだよね。両方に賭けてみたんだ」とジェイムス・テイラーは『ギターワールド』誌でポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンを前にオーディションを行った時のことを振り返っている。

「人間の成長においては不可能なことをできてしまう時期というのがあるんだ。軍が年齢で人を見るのもだからだよね。35歳だったら『結構です。やりません』と言うようなことをやらせるよう説得することができるんだよ」

「それが素晴らしいことも分かっているけど、自分にも働いたんだ。自分の場合は音楽の専門家になった。『この曲はいけるかもしれない。この曲を聴いてもらいたい』と思ったんだ。人生でも何度か違った時期にこういう気持ちになったことがある」

ジェイムス・テイラーは1968年にザ・ビートルズのレーベルからデビュー・アルバムをリリースするのがどんなものだったかを語っている。

「別世界のようだったよ。ザ・ビートルズの大ファンだったからね。彼らはその頂点にいて、なお大きくなろうとしていた。だから、ロンドンで1968年に彼らが契約する初めての人物となるのはビッグ・ウェーヴをつかまえることだった。信じられなかったよ」

ジェイムス・テイラーは来年UKツアーに乗り出す予定となっている。彼は2020年に通算20作目となる『アメリカン・スタンダード』をリリースしている。同作はグラミー賞の最優秀トラディショナル・ポップ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ