GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズはナッシュヴィルのニッサン・スタジアムで行った公演で15年ぶりに“Connection”を披露している。

1967年発表の『ビトウィーン・ザ・バトンズ』に収録されている“Connection”を最後に披露したのは2006年11月のヴァンクーヴァー公演となっていた。

「戻ってこられて素晴らしいよ。どこにしても素晴らしいね」とキース・リチャーズは自身がリード・ヴォーカルを務める楽曲に入る前に観客に向けて語っている。

「俺たち全員にとっての恩恵だね。神の御加護だ。長年やってなかった曲で始めようと思うんだけど、きっと楽しい蓮だよ」

観客が撮影した映像はこちらから。

“Connection”は主にキース・リチャーズが書いた楽曲で、1967年初めのドラッグ使用をめぐるザ・ローリング・ストーンズが直面した当局とメディアからの厳しい監視を示唆するものとなっている。

この曲を書いた数週間後にキース・リチャーズの自宅で開かれたパーティーでのドラッグ使用によってミック・ジャガーとキース・リチャーズは逮捕されている。

その後の裁判は広く報じられ、キース・リチャーズの判決は覆され、ミック・ジャガーの判決は条件つきの免責となっている。

先日、ザ・ローリング・ストーンズは現在のアメリカ・ツアーで“Brown Sugar”を演奏していないことについて語っている。

キース・リチャーズは同曲を演奏しない理由についてインタヴューで答え、奴隷制に言及した最初の歌詞が関係していることを示唆して、「今はそういう面倒に巻き込まれたくない」と語っている。

先日、ミック・ジャガーはバンドの「心臓部」だったチャーリー・ワッツなしにツアーをすることについて語っている。

「一緒にリハーサルをやる度に『チャーリーだったら、こう言うだろう。彼だったらこうするね』と言っているんだ」

「彼とたくさんのライヴ、たくさんのツアー、たくさんのレコーディング・セッションをやってきたから、彼がいないのが不思議な感じだよ。病気になった時、『続けて、ツアーをやらなきゃいけない。自分のせいでやめないでくれ』と彼は言っていたんだ。だから、そうしているんだよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ