GETTY

Photo: GETTY

リンゴ・スターは1973年にザ・ビートルズの再結成のオファーを断った話について語っている。

ポール・マッカートニーは『ニューヨーカー』の記事で1973年にオノ・ヨーコと破局したジョン・レノンの下を訪れるためロサンゼルスに飛んだ逸話が紹介されている。

この時、スティーヴィー・ワンダーとヘンリー・ニルソンと共にスタジオ・セッションを行ったとも報じられており、短い間一緒にいたことがザ・ビートルズの再結成を巡る噂に火を点けることになった。

リンゴ・スターはサメと闘う男が前座のコンサートで再結成する「大金」を断った逸話について語っている。

「僕らはお互いに電話をしたんだけど、やらないと言ったんだ」とリンゴ・スターは語っている。「それぞれの道を行くことにしたんだ」

『ニューヨーカー』の記事は11月に配信されるピーター・ジャクソン監督の『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』に先立つものとなっている。

『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』は映画『レット・イット・ビー』で描かれたアルバム『レット・イット・ビー』の制作過程について別の視点を提供するものとなっている。

リンゴ・スターは記事の中でプライベート上映後の自身の反応についても語っている。「楽しさが入っているんだよね。それが常に僕の言ってきたことなんだ。僕らは笑ったり、怒ったりしていたんだよ」

先日、ポール・マッカートニーはザ・ビートルズの解散を引き起こした人物に関する誤解を解いて、それはジョン・レノンだったと語っている。

「自分が解散を引き起こしたわけじゃないんだ。あれは運命だったんだよ」と彼は語っている。「自分のバンドで、自分の仕事で、自分の人生だからね。続いてほしかったよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ