GETTY

Photo: GETTY

マドンナは現地時間10月8日にニューヨークで『マダムX』のシークレット公演を行い、ハーレムのストリートでパフォーマンスを締めくくっている。

『マダムX』の映像作品が配信されたのを受けて、シークレット公演はマンハッタンのジニーズ・サパー・クラブで行われている。

深夜に始まった公演についてマドンナは『W』誌について「距離の近いパフォーマンスでハーレムにオマージュを捧げたいと思ったの」と語っている。「ハーレムはジェイムズ・ボールドウィンの出身地でしょ。私の永遠のミューズにして、この映像作品の大きなインスピレーション源になった。この地で暮らして、夢を共有した偉大なアーティストと繋がり、歴史的な場所で自分の音楽を演奏したかったの」

「この世界の聖なる場所に足跡を残した音楽的偉人のエネルギーを感じたわ。ジニーズ・サパー・クラブは『マダムX』の完璧なホームだと思う」

『W』誌の報道によれば、マドンナはジニーズ・サパー・クラブでジョン・バティステ率いる4人のバッキング・ヴォーカルのいるバンドを引き連れてパフォーマンスを行い、観客を126ストリートに導いて、拡声器を使って“Like A Prayer”を披露している。パレードはセント・アンドリュース・エピスコパル教会の前で終わっている。

パフォーマンスの模様はこちらから。

『マダムX』のドキュメンタリー作品は10月8日に米国、ラテンアメリカ、オーストラリア、北欧、カナダでパラマウント+で公開されている。この地域以外では追ってMTVで公開される。本作のサウンドトラックも10月8日より各種ストリーミング・サービスで公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ