Emma Viola Lilja

Photo: Emma Viola Lilja

リアム・ギャラガーはネブワースでの2公演がソールド・アウトとなったことを受けてファンに感謝している。

先日、リアム・ギャラガーはソロ最大の公演となるネブワース・パークでの公演を2022年6月4日に行うことを発表していた。サポート・アクトとしてカサビアン、マイケル・キワヌーカ、ファット・ホワイト・ファミリー、ゴート・ガールが出演する。

その後、リアム・ギャラガーは「驚くべき需要」を受けて6月3日にネブワース・パークでの2公演目を行うことを発表している。サポート・アクトとしてはカサビアンらが出演する。

週末に両公演はソールドアウトとなったことを受けてリアム・ギャラガーはソーシャル・メディアでファンに感謝している。

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「金曜日と土曜日に行われるネブワースでの2公演が今回ソールド・アウトとなったんだ。その応援と愛には驚かされているよ。僕らはお互いに信頼している。あの場所で会おう」

リアム・ギャラガーはネブワース公演と同時にソロ・サード・アルバム『カモン・ユー・ノウ』をリリースすることを発表している。

先日、リアム・ギャラガーは新作『カモン・ユー・ノウ』に兄のノエル・ギャラガーに捧げた曲があると語っている。

ラジオXの『クリス・モイルズ・ショウ』に出演したリアム・ギャラガーは新作『カモン・ユー・ノウ』で一番気に入っている曲について訊かれている。

「次のシングルは“Better Days”という曲で、太陽いっぱいの曲なんだよ」と彼は語っている。「それと“I Wish I Had More Power”という曲もあるんだけどさ、ノエルに捧げているんだ。ちょっとした、いたずらっぽい曲なんだけど、素敵なんだ」

リアム・ギャラガーは今夏のレディング&リーズ・フェスティバル、ワイト島フェスティバル、TRNSMTといったフェスティバルでヘッドライナーを務めており、ロンドンでは国民保険サービスの医療従事者向けに無料ライヴも行っている。

また、リアム・ギャラガーはワイト島フェスティバル出演後にヘリコプターから落ちたため鼻を怪我して、ベルファスト公演をキャンセルしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ