GETTY

Photo: GETTY

ザ・フーのピート・タウンゼントは26年住んだリッチモンド・ヒルの物件から引っ越す際にそれまで数々のレコーディングに使われてきたミキシング・コンソールを持ち出したことを明らかにしている。

かつてザ・ローリング・ストーンズのギタリストであるロニー・ウッドも住んでいた1775年にリッチモンド・ヒルに建てられたこの邸宅はジョージ王朝時代の第一級指定建築物で、1500万ポンド(約22億円)で売却されている。

「引っ越しは楽しいものではないね」とピート・タウンゼントはインスタグラムに投稿している。「でも、それに際してホーム・スタジオに行ったんだ。1973年にロニー・ウッドが住んでいた時に造るのを手伝ったスタジオなんだ。ここでたくさんの曲やいくつかのコマーシャル音楽をプロデュースしてきた」

1970年製のニーヴBMC10のコンソールで「『ライヴ・アット・リーズ』をミックスし、“Love, Reign o’er Me”のピアノをレコーディングし、『四重人格』のバックトラックのシンセサイザーをすべて手掛け、映画『トミー』の音楽も作り、“Baba O’Riley”、“Won’t Get Fooled Again”もやったんだ」とピート・タウンゼントは述べている。

「このコンソールは自分にとってお守りのようなものなんだ。本当に気に入っているんだよ。よくないサウンドが出ることはほとんどなかった。今後は田舎の新しいスタジオで暮らしてもらうよ」と彼は続けている。

ニーヴBMC10のコンソールを手放すことはなかったものの、先日、ピート・タウンゼントは「昔ながらのやり方が通用しない」としてニュー・アルバムを作る気になれないと語っている。

「今は多くのアーティストが自宅で曲を書いてレコーディングして数週間のうちにリリースしてしまうだろ」と彼は語っている。「自分たちのやり方は昔ながらのやり方で、時間がすごくかかるんだ」

「だから、分からないね。でも、楽観的ではいるよ。アイディアはたくさんあるんだ」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ