PRESS

Photo: PRESS

カイリー・ミノーグはイヤーズ&イヤーズとのコラボレーション・トラック“A Second To Midnight”が公開されている。

オリー・アレクサンダーとの共作となる“A Second To Midnight”はカイリー・ミノーグの通算15作目となるアルバム『ディスコ』のゲスト・リスト・エディションに収録される。

「この曲に参加してくれてイヤーズ&イヤーズ、ありがとう。このビデオで内なるオリーにチャンネルを合わせるのは楽しかったわ。キングのような気分だった」とカイリー・ミノーグはツイートしている。

オリー・アレクサンダーは次のように続けている。「カイリーと仕事をするなんてまさに夢が叶ったよ。子どもの頃から彼女の音楽は常に僕に影響を与えてくれた。彼女は真のアイコンで、本当に実現したのか、頬をつねなきゃならなかったよ」

“A Second To Midnight”はソフィー・ミュラーが監督したミュージック・ビデオと共に公開されており、ロンドンのイズリントンにある歴史的なコリンズ・ミュージック・ホールで撮影されている。ミュージック・ビデオはヒョウ柄の衣装を着た2人がスポットライトの下で踊るものとなっている。

“A Second To Midnight”のミュージック・ビデオはこちらから。

カイリー・ミノーグの『ディスコ:ゲスト・リスト・エディション』にはジェシー・ウェアとの“Kiss Of Life”、グロリア・ゲイナーの“Can’t Stop Writing Songs About You”らも収録される。

以前にリリースされたデュア・リパとの“Real Groove”も『ディスコ:ゲスト・リスト・エディション』には収録される。他にもベースメント・ジャックス、パープル・ディスコ・マシーン、シン・コールらによるリミックスも収録される。

今年4月、イヤーズ&イヤーズは“Starstruck”のリミックスでもカイリー・ミノーグと共演を果たしている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ