GETTY

Photo: GETTY

グリフはABBAの“Take A Chance On Me”をカヴァーした映像が公開されている。

ブリット・アウォーズでライジング・スター賞を受賞しているグリフはスウェーデン・ラジオの番組『P3セッション』で“Take A Chance On Me”をカヴァーしている。グリフは8月にリリースした自身の楽曲“One Night”も披露している。

グリフは“Take A Chance On Me”をアカペラで歌い始め、そこからギターを弾き出している。これはストックホルム・ストリングスとの共演となっていて、“One Night”はソロ・パフォーマンスで披露されている。

パフォーマンス映像はこちらから。

グリフは先日ABBAの“Winner Takes It All”をニーナ・ネスビットとカヴァーしており、「ロックダウンの間はたくさんABBAを聴いていた」と語っている。これは「1時間で曲を再プロデュースして再解釈する」企画『アゲインスト・ザ・クロック』によるものとなっている。

グリフはスポティファイ・シングルズでロードの“Solar Power”もカヴァーしている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ