GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズのデイヴ・グロールはABBAのライヴに参加したいと述べており、ABBAのカムバック・シングルを聴いて「子どものように泣いてしまった」と語っている。

ABBAは先日11月5日にリリースされる待望のニュー・アルバム『ヴォヤージ』から2曲を公開しており、ABBAによるデジタル・ライヴがロンドンで2022年5月に開幕することが決定している。

ABBAからの影響をこれまでも口にしてきたデイヴ・グロールはBBCニュースでABBAの復活について語っている。

「もう本当にさ、ABBAは大ファンなんだよ」とデイヴ・グロールは語っている。「ABBAが復活して新作を出すと知った時には自分の知っている100人ぐらいにそのリンクを送ったんだ。そして、新曲を聴いて、子どものように泣いてしまった。子どものように叫んでいたんだよ」

新曲のどこに心を動かされたのかを訊かれたデイヴ・グロールは次のように答えている。「時が経っていないようなサウンドだったんだ。それに美しく、ロマンティックで、メランコリーで、切なく回顧的だったからね」

「素晴らしかったよ。ABBAに間違いはないんだ」

ABBAとライヴで共演する可能性についてデイヴ・グロールは次のように語っている。「やるよ。ABBAと一緒に演奏するね」

ABBAは元クラクソンズのジェイムズ・ライトンやリトル・ブーツが参加した10人編成のバンドでライヴを行うことが決定している。

一方、デイヴ・グロールは自身の音楽的ヒーローと共演してきたことについて「実現するなんて信じられなかった」と語っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ