GETTY

Photo: GETTY

エミネムは昨日デトロイトにオープンさせたマムズ・スパゲッティのポップアップ・ショップをサプライズで訪れている。

ポップアップ・ショップは『8マイル』のサウンドトラックに収録された“Lose Yourself”の歌詞にちなんでおり、同曲には次のような一節がある。「His palms are sweaty, knees weak, arms are heavy / There’s vomit on his sweater already, mom’s spaghetti(彼の手は汗ばみ、膝は震え、腕は思い/スウェットには既にゲロが、ママのスパゲッティだ)」

エミネムはそのオープニングを記念してマムズ・スパゲッティの売り場窓口を短期間訪れており、列に並んでいた最初の10人に食事を渡し、写真を一緒に撮っている。

『デトロイト・フリー・プレス』紙によれば、マムズ・スパゲッティには17時のオープニング時に「数ブロックに渡って列ができていた」という。朝の早い時間からキャンプをしていたファンもいたと報じられている。

マムズ・スパゲッティのメニューはこちらから。

https://www.momsspaghetti.com

「ユニオン・ジョイントと一緒にこのプロジェクトを進めることは非常に楽しい体験でした。そして、ファンからの反応は圧倒的にポジティヴなものでした」とエミネムのマネージャーであるポール・ローゼンバーグは語っている。

「前のポップアップ・ショップはマムズ・スパゲッティを定期営業できるかどうかの人気を探るためのテストでした。路面店のレストランと2階のマーチャンダイズ・ストア、ザ・トレイラーの到来を発表できて嬉しいです。ザ・トレイラーでは独自にキュレーションされた環境でエミネムのマーチャンダイズとパスタを購入することができます」

また、エミネムは映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』に提供した新曲“Last One Standing”が公開されている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ