GETTY

Photo: GETTY

ブルース・スプリングスティーンとジョン・メレンキャンプはオリジナル曲“Wasted Days”で初のコラボレーションを行っている。

ジョン・メレンキャンプの公式サイトによれば、“Wasted Days”は来たる通算25作目のアルバムから公開された最初の楽曲だという。

ブルース・スプリングスティーンはアルバムの3曲に参加していると語っていた。「ジョンのアルバムで3曲をやったんだ。インディアナ州で彼と一緒に過ごしたんだよ」

「ジョンのことは大好きなんだ。彼は素晴らしいソングライターで、非常に親しいから、彼といると楽しいんだ。彼のアルバムでちょっと歌っているんだ」

“Wasted Days”はミュージック・ビデオと共に公開されており、2人はポーカーをやった後、木の下のステージで演奏を行っている。

“Wasted Days”のミュージック・ビデオはこちらから。

“Wasted Days”にはブルース・スプリングスティーンとジョン・メレンキャンプのほか、ヴァイオリニストのミリアム・ストラム、アコーディオン奏者のトロイ・キネットが参加している。

ブルース・スプリングスティーンとEストリーツ・バンドは1979年に開催されたMUSEのベネフィット・コンサートの2回のパフォーマンスが収録された映像商品『ノー・ニュークス・コンサート1979』として11月19日にリリースされることが決定している。

本作品はブルース・スプリングスティーンとのコラボレーションを長年行なってきたトム・ジムニーが16mmフィルムから編集したもので、音声はリミックス・リマスタリングされている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ