GETTY

Photo: GETTY

ボブ・ディランは2019年以来となるツアーを11月から21公演にわたって北米で行うことを発表している。

11月2日のミルウォーキー公演から始まり、ツアーは12月2日のワシントンD.C.公演で締めくくられる。ツアーにはニューヨーク州で行われる5公演も含まれている。

NOVEMBER
Tuesday 2 – Milwaukee, Riverside Theatre
Wednesday 3 – Chicago, Auditorium Theatre
Friday 5 – Cleveland, Key Bank State Theatre
Saturday 6 – Columbus, Palace Theatre
Sunday 7 – Bloomington, IU Auditorium
Tuesday 9 – Cincinnati, Procter & Gamble Hall
Wednesday 10 – Knoxville, Knoxville Auditorium
Friday 12 – Louisville, Palace Theatre
Saturday 13 – Charleston, Municipal Auditorium
Monday 15 – Moon Township, Robert Morris University UPMC Events Center
Tuesday 16 – Hershey, Hershey Theatre
Friday 19 – New York City, Beacon Theatre
Saturday 20 – New York City, Beacon Theatre
Sunday 21 – New York City, Beacon Theatre
Tuesday 23 – Port Chester, Capitol Theatre
Wednesday 24 – Port Chester, Capitol Theatre
Friday 26 – Providence, Providence Performing Arts Center
Saturday 27 – Boston, Wang Theatre
Monday 29 – Philadelphia, The Met
Tuesday 30 – Philadelphia, The Met

DECEMBER
Thursday 2 – Washington, The Anthem

今回発表された公演は通算34作目となるアルバム『ラフ&ロウディ・ウェイズ』を携えたもので、2024年まで続くワールド・ツアーの第1レグとされている。ボブ・ディランは2019年12月以来、観客の前でライヴを行っていない。新型コロナウイルスのパンデミックを受けてボブ・ディランはネヴァー・エンディング・ツアーを休止させていた。

昨年6月にリリースされた『ラフ&ロウディ・ウェイズ』は8年ぶりとなったオリジナル・アルバムで、全英チャート1位・全米チャート2位を記録している。

これによってボブ・ディランは1960年代以降、すべての年代で全米アルバム・チャートで40位以内に入った唯一のアーティストとなっている。また、ボブ・ディランはブートレッグ・シリーズ第16集として『スプリングタイム・イン・ニューヨーク』を今月リリースしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ