Roberta Parkin

Photo: Roberta Parkin

オアシスは映画『オアシス:ネブワース1996』がイギリスでドキュメンタリー作品としては2021年の最高の興行収入を記録していることが明らかになっている。

先週公開された『オアシス:ネブワース1996』は参加したバンドやファンの目を通して伝説的なライヴを振り返るものとなっており、グラミー賞受賞歴のあるジェイク・スコットが監督した本作は未発表の過去映像が使用されている。

映画『オアシス:ネブワース1996』は公開から634728ポンド(約9600万円)の興行収入をイギリスで上げており、2021年のドキュメンタリーとしては最高の成績となっている。

「世界各地のファンが『オアシス:ネブワース1996』の素晴らしい映画体験を楽しんでくれているのを見て興奮しています。今後も象徴的なコンサートのエネルギーと興奮を甦らせる更なる機会を観客に提供できることを楽しみにしています」とソニー・ミュージック・エンタテインメントのトム・マッケイは語っている。

「俺にとってネブワースは90年代のウッドストックなんだ」とリアム・ギャラガーは本作について述べている。「すべては音楽と集まった人々についてなんだ。そんなに覚えているわけじゃないけど、忘れることはないだろうね。聖書のようだったね」

オアシスは1996年8月にハートフォードシャーのネブワース・パークで25万人の観客にライヴを行っている。この2日間の公演はいくつかの記録を打ち立てており、全人口の2%以上がチケットを申し込み、史上最大のチケット需要となっていた。

オアシスはドキュメンタリー映画『オアシス:ネブワース1996』の映像作品とライヴ盤が11月19日にリリースされることも決定している。

日本盤は2CD、2CD+Blu-ray、3DVD、Blu-rayという計4形態でのリリースとなり、2CDにはライヴ音源が収録され、3DVDには劇場版 『オアシス:ネブワース1996』と初日のフルライヴと2日目のフルライヴが収録される。Blu-rayでは3DVDの映像が1枚に収録される。輸入盤ではアナログ盤LP3枚組と2CD+DVDもリリースされる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ