GETTY

Photo: GETTY

アヴィーチーはその音楽と生涯を追ったドキュメンタリー作品が製作されることが発表されている。

米『ビルボード』誌によれば、2023年公開の本作は「新たに制作される音源」のほか、舞台裏映像、家族や友人や仲間へのインタヴュー、過去の映像、アヴィーチーの生前のインタヴューを盛り込んだものになるという。

タイトルは現時点で決まっていないものの、プレス・リリースには次のように記されている。「時代を決定づけて世界を永遠に変えることになった音楽とアーティストに光を当て、その比類なき成功とプレッシャーとの闘いを間近で見られる壮大な物語になります」

ドキュメンタリーは映像作家のビヨルン・シャーンバリとカンダモ・フィルム、スウェーデン公共放送によって制作される。監督はドキュメンタリー『ヤング・リーン:イン・マイ・ヘッド』を手掛けたヘンリック・バーマンが担当している。

「私のゴールはアーティストとしてのアヴィーチーとティムの人生の両方に本当の新たな視点を提供することです」とヘンリック・バーマンは米『ビルボード』誌に語っている。

「本作を私は観客が驚き、現代のスウェーデン最大の国際的アーティストのパブリック・イメージに挑戦するものにしたいと思っています。そうすることで、彼の音楽が多くの人に届いたのはなぜったのかに光を当てたいのです」

先日、アヴィーチーは32回目の誕生日に際してグーグルのドゥードゥルが作成されている。これは9月8日のアヴィーチーの誕生日と自殺予防週間に際して公開されたものとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ