GETTY

Photo: GETTY

リンゴ・スターザ・ローリング・ストーンズのドラマーであるチャーリー・ワッツに追悼の意を表している。

チャーリー・ワッツは8月24日に享年80歳で亡くなっており、非公開の病気を理由にツアーに参加しないことが生前発表されていた。

訃報を受けてミック・ジャガーとキース・リチャーズはそれぞれソーシャル・メディアで胸を打つ写真を投稿しており、ロニー・ウッドは自身とチャーリー・ワッツが写った写真を投稿して、追悼のメッセージを寄せている。「心から惜しむことになるでしょう。あなたは最高でした」

今回、リンゴ・スターは本日リリースされたEP『チェンジ・ザ・ワールド』をプロモーションする記者会見で「ああ、チャーリーのことは惜しむことになるだろうね」と語っている。

「彼は素敵な人物だった。『静かなる男』のような人だった」

「僕とチャーリーはよくつるんでいたんだ」とリンゴ・スターは続けている。「ロンドンで近くに住んでいたから、ディナーやライヴに行ったりしていたんだよ」

先日、チャーリー・ワッツは先月デヴォンで行われた「慎ましい」葬儀で埋葬されたことが元ツアー・マネージャーによって明かされている。

1960年代から仕事をしてきた元ツアー・マネージャーのサム・カトラーは慎ましい葬儀について触れ、名声を苦手としたチャーリー・ワッツにふさわしく「粛々とした」ものだったと述べている。

『ザ・ミラー』紙に寄せられた原稿で彼は次のように述べている。「彼の人となりを完全に反映したもので、そうなったことがすべて理解できるものでした。一般の人を参加させた時に起こる騒動や賑わいを彼は嫌ったことでしょう」

ザ・ローリング・ストーンズは2021年初めてとなるライヴを行い、ドラマーのチャーリー・ワッツに捧げている。ライヴの中でミック・ジャガーは次のように語っている。「全員、すごくチャーリーのことを惜しんでいるんだ。バンドとして彼のことを惜しんでいる。友人としてステージ外でも彼のことが惜しいんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ